美容専門学校とはなにか初歩的なことを解説します

美容専門学校って、たくさんあって選ぶのは難しいです。知り合いが通っていた、有名な人が出ている、そういった情報があっても実際は自分の腕次第と忍耐力です。メイクやカットを学ぶだけではありません。専門学校を卒業してからの接客や、運営管理、消毒の事まで学べます。美容師は下積み時代が長いといいます。そのため、基礎はきっちり学んでおきたいですよね。美容学校からなれる職業は美容師、メイクアップ、ネイリスト、エステティシャンなど様々です。自分が向いているものはやってみないとわからない所もあります。学校で資格を取って将来手に職がしっかありと欲しいと考えている方は、美容学校で学ぶことの中でも何を目指すのかが重要になってきます。美容専門学校とはなにか、初歩的なことを解説したいと思います。

美容専門学校で学べる主な学習内容

主な専門学校は必須授業として学科授業と実習授業があります。昼部での平均合わせて1400時間以上の履修が定められています。学科で学べる事は、理美容における制度や国家資格者である事の社会的責任や、衛生管理、皮膚や髪などの生物化学的な事、ヘア・ファッションの歴史、将来自分のサロンを開いた時のための運営管理まで学べます。実習授業ではカッティングや、パーマネントウェーブを頭皮に容姿を美しくするワンディングの技術、セッティングが学べます。基本的には上記の「学科授業」・「実習授業」が国家試験の項目なのでメインになります。その他にも、ネイル、エステ、デッサン、着付け、カラーリング、メイク、美容の基礎となるものも学べます。2年間でこれだけの量を学ぶため個人の差も出てきてしまいます。美容専門学校に通うなら学校でだけでなく、休みの日の自主練習も重要になってきます。技術の問題ですので、練習すればするだけ、結果はついてきてくれます。

学んだことは無駄にせずしっかり生かしたい!

美容専門学校に2年通う事もタダではありません。お金を出して資格を取る、技術を学びます。あくまでも基礎的な技術や知識を学びます。専門を出てすぐプロになれるわけではありませんし、実際の所学校を出てからが勝負だと思います。美容師やネイリスト達は必死に下積み時代に技術をあげ何年もかかってプロと呼ばれるようになります。今日本には数多い美容院があります。それと同時に多くの美容師がいます。ぜひ美容師を目指すのなら諦めず、忍耐強くプロを目指してほしいです!きっと専門学校でも諦めた方の話や頑張ってプロまで上がった方の話を聞く機会があります。個人のサロンを出した方の運営管理事情も聞く機会があるでしょう。学科や実習だけを学ぶのではなく、現実的な話が聞けるのも専門学校の良い所です。学んだこと、聞いたことを忘れずに学校でも卒業してからも頑張りましょう。

本校は、世界に通用する美容師を目指す学生を、国家試験と就職の両方の面から、万全の態勢でバックアップします。 本校は平成17年4月に渋谷区恵比寿に開校しました。 特待生制度は対象者全員が減免を受ける事が出来ます。 学生をしっかり丁寧に指導して国家試験を目指します。 美容業界デビューを目指す方に実習施設は万全に整っております。 美容専門学校でプロを目指すならエビスビューティカレッジ